FC2ブログ

ローヌを旅したその先に 

本日のワインはフランス ローヌ地方赤ワイン

ブルゴーニュやボルドー程の知名度はないですが
フランスで最も歴史ある産地、
南フランス ローヌ川流域で生産されるワインです。
力強くスパイシーなワインが多い事も特徴です。

そんなローヌの中でも
某ワイン漫画の第3使徒として登場し
有名になった生産者 ドメーヌ・ペゴー

この生産者の上級ワインは
高価であり、希少性も高くなかなか手に入りません。
今回はこの生産者のデイリーワインクラスのご紹介。

プラン・ペゴーNV
ドメーヌ・デ・ペゴー

プランペゴー


このワインはどんな香り・味わいなのか
飲む前のウキウキ期待感が一つの楽しみであります 
これから始まるワインの旅 始まりの期待感
始めの草原



グラスに注ぎ、果実の香りを感じます
その色気で森の奥へと誘われます。
森の夜景 合成
木の葉のような樹木系の香り 
チェリーかな?果実香と柔らかい渋み 
やや旨味の層は薄い感じはしますが、
色気 はあり、森の奥へと誘われます




色気ある味わい その奥には
どんな景色(余韻)が待ち受けているのか 
フィニッシュに向けてテンションは最高潮






・・・・・・・・・・・・・・!!!!
断崖絶壁 合成.2jpg
断崖絶壁!!

色気ある味わい その奥は奈落の底 
余韻が無いんです・・・・・

良く言えばスッキリした後味
悪く言えば物足りません・・


このワインはシャトーヌフ・デュ・パプに採用されなかったワインと、
ローヌ地方内の畑で生産されたワインをブレンドしたデイリーワイン

上級の 村名AOCシャトーヌフ・デュ・パプ
これに今回のゴール(余韻)を求めてみようと思います。
近日中にシャトーヌフ・デュ・パプを手に入れて
ご紹介させていただきます。


個人的好みの問題ですが、旨安認定は見送ります。
価格 1,830円 (税込 1,921 円)


最後まで読んで下さってありがとうございます!!
応援クリックお願いします
     ↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

ワインは置くが深くて難しそうですね。
ゆっくりと飲んだらきっと美味しいのでしょうけど、中々心に余裕がないです。
ワイン!
なんか畏まってしまい、色々と用意しなくてはいけないような、
と 書くと デイリーワインは普通に飲むものだって怒られてしまいそうなのですけど。

Re: siopop さん

おはようございます。
コメントありがとうございます。

確かに奥が深く、のめり込めばキリがないと思います。
でもそこが一つの魅力なんです(好きな者にとっては)

家で飲むと手間をかけた方が
おいしいワインも多いですが、
気楽に楽しめばいいんだと思います v-290

インスタントラーメンに
ネギや野菜をちょっと添えるだけで
見違える。
そんな感覚でやってます。
きっと好きじゃないと面倒だし、
好きなら全く苦になりません。

「おいしい」と思える1本に出会うと
ワインって楽しくなるんですけどね。

なるほど

なるほど (^_^)v 好きだから出来るのですね。
それって僕のパン作りと同じなのかな?
パン屋さんで買って来た方が間違いなく美味しいに違いないのに。
失敗する可能性も大いにある、パン作りにのめり込むそんな、感情に・・・
違う?
今回せっかく作ったパンがあまりに不味かったのでへこんでいます。 (>_<)

Re: siopop さん

こんばんわ。

パンの出来ですが
写真で見るとおいしそうですけどね。
ヘコむ程の出来だったんですか(笑

お互い好きな事を、好きなだけ楽しみましょう。

これからもよろしくお願いいたします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hight185.blog71.fc2.com/tb.php/34-9619304b