FC2ブログ

ヌーヴォーの異端児 フィリップ・パカレ 

本日のワインは先日解禁になったヌーヴォーです。

ヌーヴォーとは「新しいもの」という意味
フランスのボジョレーで収穫されたブドウ(ガメイ種)
で造られる赤ワインの新酒のこと。

ヌーヴォーと言っても数百種類以上
もちろん味わいもそれぞれ違います。

今回の生産者は、シャンベルタン や ボーヌ などで
1本数万円するワインを生み出す
ブルゴーニュ 優良生産者 
フィリップ・パカレ氏のヌーヴォをいただきました。

ボジョレー・ヴァン・ド・プリムール
[2010]フィリップ・パカレ

フィリップパカレ

ヌーヴォーという事で若々しい果実味を楽しもう!!
抜栓後すぐにグラスに移すと・・・・
期待を裏切る様な曇った香り

色調は紫
フィリップパカレ 色

ヌーヴォーよね??と疑念を持ちつつ 一口
・・・・閉じてる(飲み頃ではない)
慌ててデカンタにサーヴ

デカンタに移しゆっくり味わうと
渋みを含むカシスの香り、若々しいがプラムの味わい
若干刺激のある酸味(劣化ではない)
コショウハーブのスパイシーな味わいも感じます。

敢えて例えるなら、色気と若々しさの共棲する夜景
夜景 紫 合成

ありふれた若々しい果実味
酸っぱいだけの酸味
こういったヌーヴォーとは一線を画すワインです。

私は一口飲んで、そのワインを理解できる程優秀な飲み手ではありません。
残念ながらこのワイン、そのポテンシャルを理解できていません

ある程度熟成させた方がいいのでは??
という疑問を持ったまま飲み終えてしまいました。


一味違うヌーヴォーを試してみたい方や
少しセラーで寝かせてみようと思う方、お試し下さい。
3,300円 (税込 3,465 円)


最後まで読んで下さってありがとうございます!!
これからも応援お願いします。
     ↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


■購入ご検討の方は「続きを読む」からどうぞ■
スポンサーサイト



コメント

ポムロール様
いつも拝見させて頂いております。
先日僕もあるイタリアンの店にて、早速今年のヌーヴォーだというモノを
推薦されたのですが、恥ずかしながら善し悪しが判断出来ず、
結局いつもの?ヤツとなってしまいました。
またここで勉強させて頂きますね。
頑張って下さい。

Re: ポコヤン さん

いつもご訪問ありがとうございます。

実は私もあまりヌーヴォーは詳しくありません。
値段の差・生産者別の個性を感じにくく
安くてそれなりのものでイベントに参加する程度の気持ちです。

特に外食でのワインは、折角の食事を台無しにしたくない為
知らないワインでの冒険はしにくい・・・
ポコヤンさんのご判断、良く心情がわかる気がします。

でもヌーヴォーにも個性はありますので
お気に入りの生産者を見つける事ができれば
毎年ヌーヴォーが楽しみになると思います。

お気に入りの生産者があれば
その年の葡萄の出来・不出来の評価になりますから。

今後さらに勉強し、
優良な生産者がご紹介できるようにがんばります。

まだまだ未熟者ですが
今後ともよろしくお願いいたします。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hight185.blog71.fc2.com/tb.php/31-fdb9547a