FC2ブログ

南イタリアの甘美プリミティーヴォ 

本日のワインは
南イタリア プーリア州の赤ワイン
ワイン造りの歴史は古く紀元前にまで遡ります。

雨量が少なく、気温が高い、灼熱の太陽
この環境で育った葡萄 プリミティーヴォ
あまり馴染みのない品種かもしれませんが
アメリカではジンファンデルと呼ばれています。


ブルーのラベルが非常にスタイリッシュ
プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリア
[2007]ポッジョ・レ・ヴォルピ

プリミティーヴォ

ワインの堅苦しい印象を捨てて
明るく陽気なイタリアを感じグイグイいきましょう(笑

陽気に笑う



この品種からは甘ったるい飲み口を連想される方も
多いんじゃないでしょうか?
確かにそこそこ甘みの主張は強いですが、
このワインそれだけではありません
現代的 スタイリッシュ

まずは強いヴァニラの香り、シナモンの甘い香りもします
カシス系の果実味も強いですが渋みが全体の印象を引き締めます。
ココナッツミルク?も微かに感じられるような・・・

ワインを飲みたいけど中華には・・・・そんな時にお勧め
(ただし香辛料の辛味を抑えたもの)
私は麻婆茄子に合わせました
酢豚甘酢あんかけなど、
辛味の弱いエビチリなどにも良いんじゃないでしょうか。


1,280円 (税込 1,344 円) 旨安です



最後まで読んで下さってありがとうございます!!
応援クリックお願いします
     ↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


■購入ご検討の方は「続きを読む」からどうぞ■
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いつも拝見させて頂いております。
ワインに関しては失敗も多く、丁寧な説明のある酒屋を捜して通ったりしていました。
これからは、ここで教えて頂いたワインを参考にさせて頂きます。
拍手パチッと押しておきます。これからも頑張って下さい。

Re: ポコヤン さん

こんばんわ。ご訪問ありがとうございます。

店舗の方ほど知識はありませんが、
このブログが少しでも役に立てば幸いです。

ただ多くの銘柄は空けてすぐはおいしくないと思います。
(特に赤ワイン)
飲む1時間~3時間前に空けておくか
別の容器に移し替えて、やさしく空気に触れさせてから飲む。
これだけでもかなり味わいが変わってきますよ。

これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hight185.blog71.fc2.com/tb.php/27-9da4f633