FC2ブログ

ヴィンテージを学ぶ 

本日はヴィンテージについて考えてみたいと思います。

プロのソムリエさんや
ワインに精通している方々には
ヴィンテージによる個性や味わいの差は歴然だと思いますが、
私のような素人庶民には????

ヴィンテージ違い の 同銘柄 を 同熟成年数
飲み比べる事って不可能でしょ!?



同銘柄のヴィンテージ違いを飲み比べてみたんですが
2003 評価の高いヴィンテージ
2006 平凡な評価のヴィンテージ

ル・オー・メドック・ド・ジスクール[2003]ル オーメドック ジスクール

感想を一言で言えば

木戸

まろやかな香り
口に含むとまろやかさの中に本当に複雑な旨味
(たばこや皮、オレンジなどなど)
めっちゃ旨かった(稚拙な表現ですいません)


で続いて2006年
ル オーメドック ジスクール2006

・・・・・・・・・・・・・
う~ん
確かに同銘柄なので
同じ味わいなのですが
明らかに薄っぺらい、複雑味が一回り小さくまとまってしまった感じ

これがヴィンテージ差なのか
3年間の熟成差なのか
庶民にはわかりません

でも確かに2003は美味しかった。 【2,180円
2006は本当に一回り小さくまとまっていました。【1,980円
どなたか この話題について ご教示下さる方
びしばし厳しく教えて下さい。



ブログランキングにご協力下さい❢❢
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

’03と’06

私は、ワイン会を主催しておりますが、素人です。ジスクールの03と06のセカンドワイン垂直は参考になりました。
セカンドワインはファーストをシッカリ作った残りだったりするので、意外と良いヴィンテージでも味が薄かったりすることが多いんです。
先日クロワ・ド・ボーカイユ(2級セカンド)の垂直やりまして96,03,04の3本。
サンジュリアンのヴィンテージ評価は、96が96点03が95点04が89点でしたが、実際の味わいは、96が、へたなファーストを上回る素晴らしいグランヴァンで個人評価90。03は色が薄めのエレガンスで同83。04は色がシッカリ濃くてコクがあり素晴らしいで同87。ファーストのパーカーポイントは、96が95、03が96、04が93でした。
03は気温が高すぎて、意外とワイン作りが難しく、失敗したシャトーも多かったと聞きます、大変興味深い垂直でした。
場違いなコメントだったらすみません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hight185.blog71.fc2.com/tb.php/11-67352a71