月別アーカイブ

 2012年03月 
皆様応援ありがとうございます⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログ ワインへ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ古酒の甘美 

今回のワインは、ドイツ白ワインです。

ドイツの古酒は初めての経験、
ヴィンテージは1992年 
なんと20年熟成 

やや甘口の表記ですが、
熟成によりどんな味わいになっているのか??
非常に期待してテイスティングに入りました。

ユルツィガー・ヴュルツガルテン
リースリング・シュペトレーゼ
 [1992]年
ユルツガー

やや濃い目の黄金色 思った程粘性は強くありません。

黄色い熟した果実の香り

かすかに爽やかな酸味も香ります。

その味わいは、マンゴー洋ナシなどの熟した果実の甘み

黄色い花
黄色い花畑に蜂蜜を
そんなイメージでしょうか??

しかし甘いだけではなく、
穏やかながら爽やかな酸味が余韻として残ります

20年熟成なのに、枯れる直前の印象ではなく
ようやく落ち着き始めた年頃といった感じ。

ti-zu.jpg

赤ワイン用のコンテエクストラと併せてみました。
チーズの臭みと塩気が、以外にもマリアージュ

20年熟成 ドイツ古酒
甘口好きにはたまらない1本
価格 1980円 旨安
■購入ご検討の方は「続きを読む」からどうぞ■


最後まで読んで下さってありがとうございます!!
応援クリックお願いします
     ↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ 人気ブログランキングへ
続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。