FC2ブログ

脅威の凝縮 果実爆弾 

本日はワインご紹介の後、
愛犬紹介をさせていただきます。
もし良ければそちらもご覧になって下さい。

本日のワインはイタリアワイン
同一生産者の赤・白2本のご紹介。

大人気ワイン漫画に登場以来
売れに売れているモンテプルチアーノ100%の赤ワイン

1本の樹に葡萄8房の実をつけるところ、
果実味の凝縮感を追求し2房に制限して造られたワイン

モンテプルチアーノ・ダブルッツォ
カサーレ・ヴェッキオ[2008]
ファルネーゼ

モンプル

このワイン力強いので、デカンタに移しても
全くへこたれません。
ベリーの果実香がひろがります

その色調はかなり濃い紫、
その味わいは↓
フルーツ爆弾2

果実爆弾です(笑
複雑な味わいはありませんが、
果実がギュッと濃縮したコクがたまりません。
余韻にも果実味が長く続きます。


続きましては同一生産者
ペコリーノ100%の白ワイン
カサーレ・ヴェッキオ ペコリーノ
[2008]ファルネーゼ

ペコリーノ

ボトルが酷似しているので、赤?白?間違えそうです(笑
フレッシュな果実味微かな甘み
お料理を邪魔しない上品なワインです。

赤が素晴らしかっただけに、期待し過ぎたのか
おいしい白ワインなんですが、個性を感じられませんでした。


果実の凝縮感がたまりません
赤ワイン 価格 1,800円 (税込 1,890 円) 旨安の太鼓判

白ワイン 価格 1,580円 (税込 1,659 円)

■購入ご検討の方は 記事の最後「続きを読む」からどうぞ■


いつも応援ありがとうございます!!
     ↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<愛犬紹介コーナー>

ブログを始め多くの方のブログを拝見するようになり、
素晴らしい写真をアップされている方が多くいらっしゃいます。
私も皆さんの様な素敵な写真が撮りたい!!
そんな気持ちから、まずは機械に頼ってみようと
デジタル一眼カメラ購入してしまいました。


ウェルシュ・コーギー 7歳の熟女です。

P3.jpg

P2.jpg
P4.jpg

下手な主人のカメラ撮影に飽きてきた様子・・・・
P5.jpg

おやすみなさい(笑
P1.jpg

動きのある写真は全てボケてました(涙
色がおかしいな?と思ったら蛍光灯設定になっていた様です・・・
やはり良い写真は機械ではなく腕がないと撮れません

最後までお付合いありがとうございました。
ガンバレっとエールのつもりでお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
続きを読む

王はバローロ  優しい王子バルバレスコ 

本日のワインはイタリア高級ワイン
ネッビオーロ100% バルバレスコ
以前ご紹介したバローロと同じ生産者
リヴァータのバルバレスコです。

古来バルバレスコは「バローロの兄弟」として称えられてきた有名ワイン
イタリア・ピエモンテ州を代表するワインです。
バローロに比べ幾分熟成が早く、華やかで親しみやすいワインです


バルバレスコ
[2006]リヴァータ

バルラレスコ


リヴァータ バローロ同様 抜栓直後からから香り高い
凄い香り

まずはバナナの香りが印象的
プラムの果実香も漂います。

その味わいは

川原毛部長 素晴らしい

甘い香りからは想像も出来ないほどコクがある味わい
果実味に非常にコクがあり酸味も絶妙
適度な渋みが味わいを グッと引き締めます。

バローロに比べ、果実味が感じやすく
むしろバルバレスコの方がバランスに優れた印象

王のワイン 硬派なバローロ
優男な王子 バルバレスコ (笑

ビーフシチューやピザなど、濃い味のコクのある料理には
最高のマリアージュだと思います。
甘口は苦手でコクのあるワインが好みの方
このワイン本当においしいです


イタリア最高級格付けDOCG規格 バルバレスコ
1,480円 (税込 1,554 円) 大絶賛の旨安です 


最後まで読んで下さってありがとうございます!!
応援クリックお願いします
     ↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


■購入ご検討の方は「続きを読む」からどうそ■
続きを読む

南イタリアの甘美プリミティーヴォ 

本日のワインは
南イタリア プーリア州の赤ワイン
ワイン造りの歴史は古く紀元前にまで遡ります。

雨量が少なく、気温が高い、灼熱の太陽
この環境で育った葡萄 プリミティーヴォ
あまり馴染みのない品種かもしれませんが
アメリカではジンファンデルと呼ばれています。


ブルーのラベルが非常にスタイリッシュ
プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリア
[2007]ポッジョ・レ・ヴォルピ

プリミティーヴォ

ワインの堅苦しい印象を捨てて
明るく陽気なイタリアを感じグイグイいきましょう(笑

陽気に笑う



この品種からは甘ったるい飲み口を連想される方も
多いんじゃないでしょうか?
確かにそこそこ甘みの主張は強いですが、
このワインそれだけではありません
現代的 スタイリッシュ

まずは強いヴァニラの香り、シナモンの甘い香りもします
カシス系の果実味も強いですが渋みが全体の印象を引き締めます。
ココナッツミルク?も微かに感じられるような・・・

ワインを飲みたいけど中華には・・・・そんな時にお勧め
(ただし香辛料の辛味を抑えたもの)
私は麻婆茄子に合わせました
酢豚甘酢あんかけなど、
辛味の弱いエビチリなどにも良いんじゃないでしょうか。


1,280円 (税込 1,344 円) 旨安です



最後まで読んで下さってありがとうございます!!
応援クリックお願いします
     ↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


■購入ご検討の方は「続きを読む」からどうぞ■
続きを読む

小枝に抱かれたモンテプルチアーノ 

本日のワインは
非常におしゃれなボトル
葡萄の小枝が目印です。

イタリア中部の田舎町ボロニャーノに畑を持つ
歴史あるワイナリー ザッカニーニ社。

ボトル1本ずつに葡萄の小枝を飾る
この手間に情熱を感じます

モンテプルチアーノ・ダブルッツォ
[2008]ザッカニーニ
モンプル ザッカニーニ

抜栓後1時間程様子を見てグラスに注ぐと
明るく若々しいルビー色

第一アタックは
バニラの甘い香り
カシス系の果実香も香ります。

その味わいは↓
みやび コメント1


カシス系の香りと果実の酸味
バニラの甘み
スモーキーな樽香と渋み

これらが非常にバランスよくまとまっているんです


この価格帯ではかなり秀逸な出来のワイン
1,380円 (税込 1,449 円) 旨安です



最後まで読んで下さってありがとうございます!!
応援クリックお願いします
     ↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


■購入ご検討の方は「続きを読む」からどうぞ■
続きを読む

王のワインバローロ 

ワインの王様、王様のワイン BAROLO

本日はイタリアワイン バローロ を飲みました。

バローロ (Barolo) は、イタリア・ピエモンテ州のバローロ村とその周辺のいくつか野村で生産される、DOCG規格の赤ワイン。
ワインの王様、王様のワインとも呼ばれている。
ただ近年、生産者が非常に増え、安価なものを中心に、その名に値しないと思われるものがかなり出回っている

本当にバローロって「ピンキリ」なんです!!
数万円~数千円
庶民にもおいしいBAROLOはあるのか?!

バローロ[2005]リヴァータ
SBSH0053.jpg

まず最初の感想

香りのビッグバン

抜栓したコルクから バニラ?!バナナ?!の香り!!!
デカンタに移して、甘い香りに酔いしれます

でもその味わいは、決して甘ったるいものではなく、かなりしっかり!!
しっかり主張のあるタンニンの渋み
濃厚な深いコク↓
本間

ボルドーの様な複雑味や
ブルゴーニュの様な果実味ある酸味などはありませんが
しっかりした渋い旨みによる骨格があります。
酸味系ではなく、濃い濃厚な料理に合います。


以前に飲んだバローロ[2005]年・テッレ・ダ・ヴィーノBAROLO.jpg

確かにBAROLOらしい?
しっかしした渋みと骨格はあるのですが・・・・

それだけでした

本当にBROLOってピンキリ


しかし最初に紹介したリヴァータは庶民価格ですが
しっかりBAROLOです!!


バローロ2005 リヴァータ1,880円

バローロ2005 テッレ・ダ・ヴィーノ(1,780円)



ブログランキングにご協力下さい❢❢
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


バローロ[2005]リヴァータ(...

バローロ[2005]リヴァータ(...

価格:1,974円(税込、送料別)